効果的なダイエット法

ウォーキングでダイエット

ダイエットにも効果的な腹式呼吸

ウォーキングは有酸素運動として、ダイエットにも効果的であると話題です。ですが、ただただ歩いているだけではカロリーを有効に消費できません。多くの酸素を体内の臓器や血液に循環させるために、正しい呼吸法を行うことが大切なのです。具体的には、下腹部を使った腹式呼吸が効果的です。腹式呼吸には、心肺の機能や代謝を高める効果があり、ダイエットにピッタリです。長く歩いていると、どうしても息が上がってきてしまいますが、まずは息をしっかり吐ききることを意識するようにしましょう。それに慣れてきたら、歩くリズムにあわせて深い腹式呼吸ができるようにしましょう。より効果的に痩せられます。

ウォーキング時の呼吸法を変える

ダイエットをしている方で、ウォーキングを取り入れている方も多いのではないでしょうか。お腹を膨らませてるようにする「腹式呼吸」で、脂肪燃焼率が大幅にアップしたりインナーマッスルを鍛えることができます。また、ウォーキングで脳内に増えやすいとされる、気持ちを安定させるセロトニンと呼ばれるホルモンの効果をアップさせることもできます。それでは腹式呼吸法をしてみましょう。まずおへその下に両手をあて、鼻から息を吸います。当てた手でお腹が膨らんだことを確認してください。次に口から息を、細く長く吐き出します。口をすぼめるとしやすいです。お腹がひっこんでいくのを手で確認しましょう。限界まで息を吐き切れば、次の呼吸は自然と腹式呼吸となります。この繰り返しです。お腹周りのシェイプアップダイエットにも効果的です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 呼吸法ダイエットの方法 All rights reserved